TOP >  ナインコード寄稿記事 >  人を癒す『湖の七赤』藤井四段とひふみんの共通点

人を癒す『湖の七赤』藤井四段とひふみんの共通点

 

キャラの違う二人が同じタイプ!?藤井四段とひふみんの共通点

快進撃を続け、沢山のファンの心を掴んでいる藤井聡太棋士。そしてTVで大活躍の加藤一二三九段。

2017年6月、30年ぶりの記録更新で前人未到の29連勝を達成した、中学生プロ棋士・藤井聡太四段。とても14歳とは思えない、落ち着いた風貌とたたずまい。そして、その真摯な人間性。その愛くるしいキャラクターでも人気の火がつき、まさに「時の人」となっています。

一方、同じ将棋界でもう一人注目されているのが、「ひふみん」こと加藤一二三(ひふみ)九段
2017年6月20日に最高齢棋士(77歳)として現役引退後も、その熱い語り口と独特のキャラクターで注目され、テレビでも大人気です。

将棋

さて、この二人、あなたの目にはどう映っているでしょうか?
一見、真逆のキャラクターに見える二人ですが、実は、その気性(タイプ)が【ある法則性】により、同じタイプだとしたらどうでしょうか?

「えっ!? あんなにもキャラの違う二人が同じタイプ!?」

そう思う方が大半でしょう。
無理もありません。
冷静沈着かつ物腰柔らかで、大人っぽさもある藤井四段。
独特の早い語り口で、お茶目っ気もある加藤九段。

年の差なんと、63歳! 
その外見はまったくもって異なりますが、【ある法則性】をもとに、二人の心の内側を見たとき、そこには見た目からは想像もつかない意外な共通点がいくつも浮かび上がり、藤井四段と加藤九段は、同じ種類のタイプであることがわかるのです。

いったい、どんな秘密が二人に隠されているのでしょうか?
【ある法則性】とは、何でしょうか?

藤井四段と加藤九段は「湖の七赤」です。
「湖」は水が集まってできるものであり、動物たちを癒すオアシスという役割があります。
その特性から【人々を楽しませ、癒し、安らぎを与える】という使命が、「湖の七赤」には生まれながらにしてあるのです。

まったく違うタイプに見える藤井四段と加藤九段ですが、『9code(ナインコード)占い』で見ると、二人は「人を癒すキャラクター」として共通する特徴があったのです。

愛嬌のある顔立ちと、和やかな物腰の藤井四段。独特のユーモア性にあふれる加藤九段。人を癒すキャラクターとしては見事に当てはまっています。

また、雨が水の流れになり、小さな「澤」ができて、大きな「川」になり、「湖」になる
この一連の流れから連想させるように、「湖の七赤」の人物は人々を潤し、会話力や表現力、情報伝達力によって、人と人をつなげていくという気性もあります。

ここから、かけ引きにすぐれ融通性がある、話上手で表現豊かなど、二人を象徴する特性が、また浮かび上がるわけです。
そして、「湖の七赤」には「赤」という色が入ります。
「湖」でありながら、「赤」を持つのです。

これは、「赤」の色が周囲に与えるイメージどおり、心の内に“情熱・積極性”を持つということを象徴しています。
格上、年上でも、負けたら泣いて号泣するといったエピソードもあるぐらい、クールに見えながらも、かなり負けず嫌いな藤井四段。
「神武以来の天才」と称され、こだわりを貫いて、何事も積極的に行動する加藤九段。
二人の本能が導く、熱い心のさまは、まさに「湖の七赤」と言えましょう。

以上のことから、藤井四段と加藤九段を象徴するイメージが、まさに「湖」なのです。

約500社をコンサルし、1万人超の
サンプリングを体系化した『9code占い』

藤井四段や加藤九段の例でわかるように、人の本質は見た目ではわかりません。
ビジネスでもプライベートでも見た目は確かに重要ですが、第一印象だけでは人間の本質(気性)までは見抜けないのです。
私はこれまで約500社をコンサルし、計1万人のサンプリングを体系化して、『9code(ナインコード)占い』 を開発しました。
そこでわかったのは、商談・ビジネス・人づき合いで失敗するのは、結局、人間の本質(気性)を見抜けないことにあることです。
多くの人は、自分の先入観で、相手の虚像をつくり上げてしまっています。
こちらの勝手な先入観で見た相手の姿は、本当は、相手の“真の姿”ではないのです。
これでは、ビジネスでの成功はおぼつきません。

では、どうしたら、人間の本質を見抜けるようになるのでしょうか?
そこで登場するのが、この『9code(ナインコード)占い』 です。
『9code(ナインコード)占い』では、まずあなたの第一印象の思い込みを取り除きます。
そして、相手の本質(気質)を、紀元前に成立した歴史を誇る『易経』をベースにして、理解できるようになります。
だからこそ、表面上の姿に惑わされずに「他人の本質(気性)」を見極めることができます。

『9code(ナインコード)占い』は、あらゆる人間関係を円滑にし、現状の人間関係を好転させる超実践的なツールといえましょう。

 

◆ダイヤモンドオンラインに寄稿し、100回以上の連載を誇る人気記事をご紹介しました。◆
約500社をコンサルし、1万人超のサンプリングを体系化した『9code占い』ナインコードから、現在一線で活躍する有名人・スポーツ選手・政治家・経営者や、歴史に名を遺した偉人達の運の掴み方や人柄の魅力に迫り紐解いていく人気連載記事です。

著者プロフィール/中野博(HIROSHI NAKANO)

中野博(経営者、教育者、作家)
日本では3つの会社、アメリカでは2つの会社を経営する。
36年間で45カ国、399都市、累計6,100泊以上も旅をし続けており、なお継続中!

~ Profile ~

早稲田大学商学部卒業。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院ブランディング実践講座エゼクティブコースを修める。ハーバードビジネススクールでは経営学を学ぶ。
信和義塾大學校の創設者として、世界5カ国(アメリカ、カナダ、シンガポール、タイ、日本)世界で30校に私塾を開校。現在までに880人以上の塾生が学ぶ。
1992年、地球サミットに国連認定ジャーナリストとして参加したことを契機に環境ジャーナリストとして活躍。経営コンサルタントとして800社以上を環境ビジネスに参入させ成果を上げる。

書籍の紹介

ナインコード占い書籍画像

 

“強運を呼ぶ" 9code(ナインコード)占い――2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかる!

著者/中野 博

発行所/ダイヤモンド社

Amazonで購入楽天で購入