TOP >  ナインコード寄稿記事 >  松下幸之助は七赤、坂本龍馬は三碧?人間のタイプはたったの9種類しかない!

松下幸之助は七赤、坂本龍馬は三碧?人間のタイプはたったの9種類しかない!

 

人の特性は9種類だけ!松下幸之助は「湖の七赤」、坂本龍馬は「雷の三碧」、大谷翔平は「天の六白」・・・

さあ、あなたは、どの種類の人間??

 

私は経営コンサルタントとしていろいろな経営者と接していますが、今回、歴史上の人物から有名タレントまで、世界最古の『易経』をベースに、1万人のサンプリングを体系化した『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』を発表しました。
『9code』は、その名のとおり、9種類の「code(コード)」で成り立っています。
 人間は9種類のタイプしかいないということです。本書に収録した『9code』判定法でわかります。

●水の一白(いっぱく)
●大地の二黒(じこく)
●雷の三碧(さんぺき)
●風の四緑(しろく)
●ガイアの五黄(ごおう)
●天の六白(ろっぱく)
●湖の七赤(しちせき)
●山の八白(はっぱく)
●火の九紫(きゅうし)

 歴史上の偉人や現代の著名人まで、それぞれのコードが大自然の現象に紐づけられています。
 たとえば、ピーター・F・ドラッカータモリは「水の一白」、野村克也落合博満は「大地の二黒」、坂本龍馬小池百合子は「雷の三碧」、福澤諭吉本田宗一郎は「風の四緑」、宮沢賢治市川海老蔵は「ガイアの五黄」、伊藤博文大谷翔平は「天の六白」、松下幸之助加藤一二三は「湖の七赤」、徳川家康三木谷浩史は「山の八白」、ビートたけしイチローは「火の九紫」など、「生年月日」さえわかれば、誰でも9タイプに分別されます。
 ですから、あなたにも個々に与えられた「コード」があり、必ずどれかのタイプに属することになります。『9code(ナインコード)占い』では、『9code』判定法により一発でわかるのです。

 

■自分の秘密の才能を開花させよ■

『9code』は9タイプから成り立っています。
 そして、自分のタイプがわかったら、生まれながらに与えられた本当の性格や才能など、その人の心の奥底にある“秘密の暗号”が解読できるのです。
 たとえば、

・子どもの本当の才能は“音楽”だったのか!
・営業よりも“研究職”のほうが向いていたのか!
・自分は“サポート役”こそが最大の力を発揮するのか!

 など、あなたの内側に潜む魅力(気性)を見極めることが可能になります。
 実際に、自分自身の『9code』から自分の魅力(気性)を理解し、人生の方向性をおもいきって変えたことで、今まで掴めなかった成功を勝ち取った人も、私のコンサルティング先の方で大勢います。
 成功を掴むための第一歩は、“秘密の暗号”を解読し、自分自身の魅力(気性)を理解することから始まるのです。
 そこで、その暗号の解読に必要になるもの。それが、あなたの「生年月日」なのです。

 

■自分の隠れた才能は
“生年月日”で一発で判明する■

 その秘密の暗号を解くカギを握るもの。
 それは、「生年月日」です。
 生年月日はパソコンや携帯電話や家電などにたとえれば、「シリアル・ナンバー(製造番号)」と言っていいでしょう。
 製造番号とは、製造された個々の特性や能力などを、誰でもその番号さえわかれば識別できるものです。

 すべての人間には生年月日があって、名前・顔・姿は変わっても、誕生日は生涯変わることはありません。そして、そこには人としての身分や階級も一切関係ありません。
 実は、こういった点に着目して、個々の人間に与えられた特性や能力は、人間が普遍にして持つ「生年月日」に隠されているということを、数千年以上前から研究していた人たちがいました。
 そして、一部の皇室や財閥関係者たちによって、現代まで密かに語り継がれてきたのです。
 日本の履歴書には、必ず生年月日を記載する欄があります。
 これは、先人たちが、個々の自分の才能を発見するために生年月日を重要視していたからであり、その名残が現代まで息づいているのです。
 海外では、生年月日を履歴書などに書かせない国もたくさんあります。
 また、生年月日がわかってしまうと、自分のシークレットな能力が敵に知られてしまうということから、一国の主などは生年月日を公表しないことも珍しくはありませんでした。

 

■『9code』で才能開花。
1年で売上1億3000万円突破!?■

『9code』を活用すれば、自分の生まれながらの才能を見出せます。

 私が創設した信和義塾大學校(私塾)の塾生にも、自分の潜在能力を知り、その能力を使うことで、大きく業績を伸ばした社長がいます。
 
 6年前に入塾したAさんは、インスピレーションが強く独創的なアイデアマン。
 Aさんは行動力と直観力にすぐれた「雷の三碧(さんぺき)」の男性ですが、コツコツ事務作業をやるのは苦手なタイプです。
 ただ、彼の会社は小さいため、社長自身がやりたくない事務仕事や経理業務もせざるをえません。
 その分、独創的なアイデアを形にして会社を繁栄する時間が取れず、ストレスを抱えて空回りしていました。
 しかし、この『9code』を知り、使いこなし、自分らしい成功のあり方がわかってからのスピードは、まるで稲妻のように違いました
 彼は不向きな仕事をすべてアウトソーシングし、得意とするアイデア出しに時間を費やしたのです。
 その結果、それまで一度も年商5000万円を超えられなかったのに、わずか1年後には1億3000万円となりました。
 さらには販売代理店もできて、倍々ゲームで売上が伸び始めたのです。
 いまも規模を拡大し続け、着々と大企業へと成長しています。

 

■9タイプは「種族」が異なる■

 あたかも「人種が違うのでは?」というほど、9タイプはそれぞれ、感じ方や価値観までも違います。
 でも、これは当たり前なのです。
 あなたと、そもそものタイプが違うのですから。
 国によって数々の人種がいて、それぞれで、感じ方、考え方、世界観が違います。
 それと一緒なのです。

『9code』にある9タイプは種族が違うのですから、そこを理解して人と向き合うことが大切なのです。
 もし、あなたがこれまで、些細な言い争いの末に、ケンカやトラブルを起こしがちな人なら、まずは、自分と相手はタイプが違うということを理解しましょう。
 それができないと、人間関係は悪くなる一方です。

 逆に、理解さえできれば、相手に対してそれほどストレスを感じなくなりますし、どんな相手ともよい関係を築けるでしょう。

 本書の『9code』を通じて、人それぞれが持っている「性格」や「才能」が、こんなに違うのか、ということを多くの事例から学んでいただければと思います。

 きっとあなたは、人との接し方を変えざるをえなくなります。
 さらに、相手を理解することができるので、あなたはもっと、人にやさしくなれます。
 ここで一つ、相手の気性・性格を理解しようと努力したからこそ、結果を得た事例を紹介しましょう。

 

■お客の『9code』分析して、
リピート率9割を実現したレストラン■

 私のクライアントで、レストランを経営する傍ら、2人の子育ても頑張っている「湖の七赤(しちせき)」のCさん(30代後半の女性)は、努力と工夫でレストランの業績を上げています。

 本業のレストラン経営では、お客様に会員になってくれることを勧めて、生年月日を知り、『9code』でお客様ひとりひとりを分析。
 取得済の住所やメールアドレスからお客様の「感じ方」「気性」に合った手紙を出したり、一斉メールではなく、お客様のタイプ別の内容に変え、メールを出したりしています。

 さらに、お客様の生年月日を『9code』で分析し、お客様が一番喜ぶ方法でプレゼントを渡しています。
 すると、会員にさえなっていただければ、リピート率は9割を超えるようになりました。

 確かに、『9code』の分析結果で、タイプ別にサービスするわけですから、お客様がファンになるのは当然の結果と言えましょう。

 いまやどのレストランも「会員登録」後にくるメールやハガキで差別化するのは至難の業。しかし、ほんのひと手間、『9code』でタイプ別にメールやハガキを出すことで、大きな成果が出たのです。

『9code』を使い、相手の心中を察することができると、相手を理解できるようになり、相手に合わせることは苦痛でなくなります。

 それどころか、他人を理解できて、合わせられる自分のことを「成長した」と、自分をほめてあげられるようにすらなるのです。

◆ダイヤモンドオンラインに寄稿し、100回以上の連載を誇る人気記事をご紹介しました。◆
約500社をコンサルし、1万人超のサンプリングを体系化した『9code占い』ナインコードから、現在一線で活躍する有名人・スポーツ選手・政治家・経営者や、歴史に名を遺した偉人達の運の掴み方や人柄の魅力に迫り紐解いていく人気連載記事です。

著者プロフィール/中野博(HIROSHI NAKANO)

中野博(経営者、教育者、作家)
日本では3つの会社、アメリカでは2つの会社を経営する。
36年間で45カ国、399都市、累計6,100泊以上も旅をし続けており、なお継続中!

~ Profile ~

早稲田大学商学部卒業。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院ブランディング実践講座エゼクティブコースを修める。ハーバードビジネススクールでは経営学を学ぶ。
信和義塾大學校の創設者として、世界5カ国(アメリカ、カナダ、シンガポール、タイ、日本)世界で30校に私塾を開校。現在までに880人以上の塾生が学ぶ。
1992年、地球サミットに国連認定ジャーナリストとして参加したことを契機に環境ジャーナリストとして活躍。経営コンサルタントとして800社以上を環境ビジネスに参入させ成果を上げる。

書籍の紹介

ナインコード占い書籍画像

 

“強運を呼ぶ" 9code(ナインコード)占い――2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかる!

著者/中野 博

発行所/ダイヤモンド社

Amazonで購入楽天で購入