TOP >  判定結果の続き >  水の一白 ~Water~続き

水の一白 ~Water~続き

   2018/11/12

水の一白 ~Water~続き

 

「水の一白」ここを気を付けよう!(要注意ポイント)

表情は柔和ですが、頑固な面があります。この頑固さが前面に出てしまうと、心身ともに硬くなってしまいます。

これは、水の個体状態である氷を示しますから、「水の一白」のよさである柔軟性を失ってしまっているのです。

命の源である水には動植物を引き寄せる牽引が使えますが、個体の氷には、あまりの温度差に誰も近寄ってきません。要注意です。

純粋な心で、誠実な生き方をしようとする気持ちが強すぎると、(純粋がいきすぎると潔癖となり)人や社会に対する反抗心が芽生え、人間関係でトラブルを起こしがちです。

水が濁るさまを想像してください。

水の中に映る姿が見えづらくなるように、自身の生活でも身の回りが見えにくくなります。

犯罪や異性関係のトラブルに巻き込まれる可能性も高いので注意が必要です。

善悪の判断がつかなくなり、人に騙されたり、騙したりの運命が展開されやすい相もあります。

水は基本的に冷たいものですので、悲観的でマイナス思考になりやすい気質を持ちます。

明るい気持ちで心を温め、水を気体にしていくイメージが大切です。冷たくなりすぎると個体の氷になります。常に陽気な心でいることを心がけましょう。

「水の一白」との接し方

「水の一白」と上手に接するポイント。

それは、たとえば話し合いの場などでは、物事の経緯をきちんと一から説明してから会話に入ることです。

データを好み、より多くの資料を好むので、データも資料も不足していると「水の一白」は信用しない傾向にあります。

基本的に知性が高く論理的に考えがちですので、きちんと事の本質を知って、納得していないと、両者の間に本当に意義のある会話は成立しません。

ただし、柔軟な心で受けて止めてくれるやさしい心の持ち主でもあるので、そこまで神経質に理論立てて話す必要もありません。

5W1H(いつ、どこで、だれが、何を、なぜ、どのように)を考えつつ話すことで、より充実した中身のある会話が「水の一白」とはできるでしょう。

そして、最も大切なのは、「水の一白」の「水」の性質が凍って「氷」にならないようにしてあげることです。

プライドが高いのも特徴ですから、そのプライドを刺激しすぎてしまうと、反骨精神から逆に頑固な人物になってしまう可能性があります。

ですので、「水の一白」と接する際には、常に温かい言葉をかけてあげて、「水」の性質を温めてあげましょう。

そうすれば、水は気化して、気体となります。

「水の一白」の柔軟さや調和の気質が高められ、よりよい関係性を築けるようになるでしょう。


 

ここまで読んでどう感じましたか? ナインコードをもっと詳しく学んでみませんか?

『ナインコード占い』は当たるだけでなく人生を好転させる強力なツールです。

世界最古の『易経』をベースとし、更に戦国武将から芸能人、有名経営者、ビジネスパーソンまで計一万人のサンプリングを体系化する事で統計学的な再現性を担保しています。

ナインコードはビジネスからプライベートまで使える『人間統計学』です。

人間関係への生かし方やバイオリズム深く知り、自分の人生をどのように生きていくべきか、宇宙からのメッセージを受け取ってください。

今日から早速、

人生をもっと良く変えていこう。

まぐまぐメルマガ登録で、更に詳しい情報をお届けします!